フリーランスに必要とされる経験と信頼

フリーランスをIT業界で行っていく道としては、企業に一度勤務して十分な経験とキャリアを積んでから転職するというものが一般的になっている。企業から仕事を請け負っていけるようになるためには信頼を得ることが重要であり、その客観的な指標として、企業において相応の経験と実績とを積んできていることを示せるということが求められるからである。企業としては高い品質の成果物を期日までに納入してもらいたいという気持ちが強いため、経験豊富で仕事の早い人材が重要視される傾向は強い。

しかし、未経験の仕事に手を出していくこともフリーランスをしていく上では重要な観点になる。どんな人であっても必ずある仕事に未経験であった時期があるのは事実であり、うまく依頼主からの信頼を得られれば経験のない仕事でも請け負える可能性を切り開ける。これまでに経験済みの仕事でいくつもの仕事を請け負ってきた依頼主からであれば、たとえ経験のない仕事であってもある程度の信頼をしてもらうことができるのだ。そうしてその仕事を高いクオリティーで仕上げることによって、確かな経験と実績とを手に入れることができるのである。こうすることによってフリーランスをするエンジニアは自分が求められている領域を広げていくことが可能になる。企業からの信頼を得るためには経験が必要であり、新たな経験を得ていくためには既に経験している分野で信頼を得ることが必要になるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です