フリーランスで身につく能力と転職への活用

ある方面の専門家がフリーランスをしていくことのメリットとして、働けば働くほど稼げるという点がある。企業に勤めていると働きぶりに左右されることなく一定額の給料が支払われることが多く、必死になって働くことが後の昇進につながることがあってもすぐに給料に反映されないことが多い。しかし、自分で仕事を獲得し、それを遂行することによって報酬を得ることができるフリーランスの場合には、働きぶりに応じて高収入を得ていくことが可能になるのである。

しかし、仕事を手に入れるための営業活動とその遂行を同時に行っていくのには大きなエネルギーが必要であり、継続して仕事を行っていくのが大変になってくることも多い。そのため、多くを稼ぐことよりも適度な仕事をすることによって安定した収入を得られるようになりたいと考えて転職することも稀ではない。フリーランスを行ってきた事業と同種の業界であれば、その経験が評価されて通常の中途採用枠で転職できることが多い。また、仕事をしてきた中で作り上げられたつながりを利用することによって、企業から直接に採用をしてもらえる場合もある。

一方、未経験の仕事にも挑戦していくことができる。個人事業を展開する上で必要となってきた経営手腕や営業力はどんな職場においても汎用性が高いからである。廃業前にスキルアップを行っておけば転職にも有利になり、現場での仕事は未経験であっても転職の道は開けるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です